境界性人格障害のタイプ:失調傾向が強い

境界性人格障害のタイプ:失調傾向が強い

非常にデリケートで繊細な失調傾向が強い境界性人格障害の人もいます。

 

このタイプの人は生まれつき繊細で、特に思春期になるとひどくなります。
対人関係で過度の不安や緊張を感じて、人との関わりが消極的になります。

 

情緒が不安定になり、幻聴が聞こえたり、錯乱したりして、一見すると精神病のような状態になることもあります。
しかし、それが短期間で落ち着いて通常の生活を遅れるようになります。
この短期間での回復が一般的な精神病とは異なる点です。

 

しかし、気分が落ち着いている時でも、対人関係がストレス源になりやすいです。
そのため、人並み以上の高い能力を持っていても、長期にわたって一定のパフォーマンスを出すことが難しいです。

 

単調な生活を好む反面、刺激を求める一面も合わせ持っています。
ですが非常に繊細なため、変化の激しい環境には適応することができません。

 

本人の特性に合った生活、ストレスが出来るだけ少ない生活を送ることで、身の破滅を招くことなく人生を送ることができます。
フリーランスなどの自身に合った仕事環境を構築できる職業が向いています。

 

寛容な伴侶と出会うことができれば、心は徐々に癒され落ち着いた人生を送ることができるでしょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加