境界性人格障害の心理:一人では生きていけない

境界性人格障害の心理:一人では生きていけない

境界性人格障害の人は、強く見捨てられ不安を感じています。
悲哀や憎しみのような明確な感情ではなく、もっと漠然とした不安です。

 

ですので、自分が信頼する人にすがりつこうとします。
相手の事情にかまわず、ただ自分が見捨てられたくないという思いから、なりふりかまわず必死にしがみつきます。
一人では生きていけないと感じています。

 

誰でも見捨てられるのは嫌なものですが、境界性人格障害の人は、一線を越えています。
見捨てられるのではないかと思うと、胸が締め付けられるほど苦しくなる人もいます。
生命の危機さえ感じるほど怖いという人もいます。

 

次のような思考で、見捨てられたら生きていけないと考えます。

 

  • 見捨てられたと感じる
  • 相手には全くそのつもりがなくても、本人はそう感じます。
     ↓

  • 相手の心の中で抹消されたと思う
  • 注目してくれないという程度ではなく、もっと深いところで消されたと感じます。
     ↓

  • 自分の人格も存在も否定されたと思う
  • 存在を含め自分の全て、人間としてを否定されたと感じます。
     ↓

  • 人生の全てを失った気分になる
  • 魂も肉体も否定されたので、自分にはもう何もないという感覚に襲われます。

 

その不安や恐怖に陥らないように、常にアンテナを張り、どんな小さなきっかけもみのがさないようにします。
相手に全くそのつもりがなくても、見捨てられる兆候を敏感に捉えます。



 このエントリーをはてなブックマークに追加