境界性人格障害の複雑性:親とのわだかまり

境界性人格障害の複雑性:親とのわだかまり

境界性人格障害では、親とのわだかまりを抱えている人が多いです。

 

甘えたいのに甘えられない、そのような葛藤を抱えていることが多いです。
親から認めてもらえていないため、それが自己否定感の元となっています。
親について、過度に失望したり、過度に理想化します。

 

親の価値観や期待を押し付けられて育った子供は、支配され続けても、その支配に対して反抗しても、親の影響がその人の人生に影を落とします。

 

また、親が立派すぎてもそれは子供にとって重荷になります。
期待に応えられないということに罪悪感を感じてしまいます。

 

実の親でさえこのような複雑な環境を生みやすいのに、実の親の下で育っていない人の心の葛藤は言うまでもありません。
親に対して幻想を膨らましたり、悲しい失望感を味わったり、複雑な気持ちを非常に抱えやすいです。

 

自分を愛してくれる親という存在をしっかりと心に築くことができた人は、強固な精神的な支えを得ることができます。
それは自己肯定感にもつながります。
このような幸せな環境下で育った人は、境界性人格障害にはなりません。

 

しかし、それができなかった人は、いつまでも親にこだわり続け、自分自身を苦しめます。
境界性人格障害から抜け出すには、親との関係を見直す必要があります。



 このエントリーをはてなブックマークに追加